お気に入りの物件で暮らしたい

自分の仕事を的確に伝えよう

スムーズに審査を通過する方法

会社で真剣に働いていることを入居審査で伝える時は、勤務実績証明というものがあれば便利です。
どのような仕事内容なのか、またこれまでに自分がどのような成果を出してきたのか書かれている書類なので、入居審査の時に見せれば信頼してくれます。
仕事内容が分からないと、怪しい人物だと思われてしまいます。
入居審査をスムーズに通過するためには、仕事のことを具体的に伝える必要があります。

勤務実績証明は、会社からもらうものです。
しかし今すぐ欲しいと言っても、出してもらえません。
少し時間がかかります。
物件を借りたい時に用意できないと困るので、前もって欲しいと伝えておきましょう。
すると良い物件が見つかった時に、すぐ入居審査ができます。

審査を通過しにくい職業

正社員として会社で働いている人は、審査を通過するのがそこまで難しくはありません。
ですが派遣社員やパートの人は、収入が安定していないので不安に思われます。
入居審査を通過しにくいと覚えておきましょう。
また水商売や、肉体労働の人も通過しにくいと言われています。
そのような仕事の人が入居審査を無事に通過するためには、収入を伝えたり仕事内容を詳しく伝えたりすることが重要です。

自分のことを包み隠さず話せば、相手も信頼してくれるかもしれません。
何もかもを秘密にしておくと、怪しさが倍増するので部屋を貸してくれません。
水商売や派遣社員の人でも、絶対に入居審査を通過できないというわけではないので勝手に諦めないでください。


この記事をシェアする